熊谷でも援助交際は盛んだったりする

埼玉で援助交際が盛んなのは何も大宮や西川口だけではない。

少し離れたところで言えば熊谷でも援助交際は盛んに行われているのである。

こうした地方都市とでも言うところはどうしても若者の性が乱れてしまう可能性がある。

遊ぶところがないと言うことが逆に性を乱れさせてしまうのだろう。

実際に初体験の年齢が一番低いのは青森県と言う統計がある。これは他に娯楽がないからセックスするしかない!と言うことを表しているのだろう。

熊谷もそれと同じである。

街の規模で言えば大宮が圧倒的で熊谷はやはり田舎と言う印象が否めない。

駅前にあるお店も比較的早めに閉店してしまうのだ。

しかしながらセックスをしたい男女は存在している。

風俗店ヤキャバクラは存在している。

それ以外にお金を遣うところがないのであろう。

こうなって来ると援助交際をしてしまう女子高生が増えても何ら不思議ではない。

嘘だと思うのであれば熊谷駅から出て右の方の路地に行ってみてもらいたい。

夕方過ぎにでもなると制服姿の女子高生が援助交際の相手を探しているのだ。

その異様な光景に驚いてしまう人も多いだろう。ここが本当に埼玉県なのかと・・・

しかし、これは実際にあることなのである。

若者の性はここまで乱れてしまっているのである。

同じ埼玉に住んでいる人間としては非常に恥ずかしい限りなのだが、売春というのはいつの時代もあることなので仕方のないことかもしれない・・・

http://xn--tlqu1hpstms5b24g.co/ と言うサイトに詳しく掲載されているので興味のある人はよく読んでもらえると良いのではないだろうか・・・

今だに活用されている出会い系サイト

リナたちはが援助交際の相手を捜すのはなにも街頭だけではないらしい。

さすがに一日かけて街に立っているのは効率が悪いので出会い系サイトを使って相手を見つけることもあるそうだ。

それにしてもどうして出会い系なのだろうか?いまさらと言う感は否めない。

昔は援助交際の温床として非常に問題とされていたのがら、いまではその舞台はSNSサイトに移行して出会い系は既に絶滅したものだと思っていたが、それでもいまだに利用されているらしい。

リナが言うには出会い系にもそれなりのメリットがあるらしい。

まずは匿名性である。

出会い系を利用したことがある人ならわかると思うが、サイトの中では名前や連絡先を出す必要が一切ない。相手に自分の情報を全て隠しながらやり取りができるのである。これは非常に大きなメリットだと言えるだろう。

援助交際をするような男なんてどんなものなのか想像できるだろう。普通ではない危ない男である。そんな男の自分の情報を教えてしまったらどうなってしまうのは簡単に想像できるだろう。

そう言うこともあって援助交際をしている女子高生の間では未だに出会い系サイトが人気だと言うわけである。

援デリ業者との攻防

リナたちが援助交際する上で一番やっかいな存在は援デリ業者だという。名前を聞いたことがある人もいるとは思うが、援デリ業者とは素人のフリをしてプロの風俗嬢を派遣するモグリの業者である。出会い系サイトの中には数多く存在している。

埼玉も例外ではなくて埼玉県内で援助交際をしていると必ずと言って良いくらいに援デリ業者と接触することになるそうだ。

みかじめ料を取られそうになったり、グループに入れられそうになったり・・・グループにはってしまえば取り分が少なくなってしまうので絶対にイヤだそうだ。

援デリは立派な犯罪である。いわゆる管理売春と言う罪に問われることは間違いない。

まあ、かと言って女子高生が個人で援助交際しているのも犯罪には変わりはないのだが・・・

いずれにしても援助交際なんてことをしているとそれなりの危険な目に合うことも少なくないと言うことなのだ。

西川口に出張して援助交際

リナと出会ったのは大宮だったが、彼女たちの多くのはほかの地域にも出張して援助交際を繰り返してるそうだ。一つの地域だけでは客が被って稼ぎづらいと言うことなのである。

そこで彼女たちが取る方法とは他の地域に出張して援助交際の客を取ると言うものである。具体的には西川口駅周辺が一番多いようである。

西川口と言うとかつては裏風俗の街としてよく知られていたもので、多くのドスベたちで賑わっていたものだ。

しかし違法風俗の摘発により現在ではそのドスケベたちの受け皿がなくなったことが問題となっている。リナたちはそこに目をつけたのである。とりあえず西川口に行けばスケベな男は多いし、援助交際の相手を見つけることはそんなに難しくはないそうだ。

私も実際に西川口に言ってみたが西口からまっすぐ行くとドンキホーテがある。そこあたりにはある時間帯だけ多くの女子高生が制服姿でタムロしているのである。そのほとんどが援助交際目的だと言うから驚いてしまう。

プロの風俗の街から素人の援助交際の街になった西川口、暴力団関係者から圧力を受けることもあるみたいだが、お金を必要としている彼女たちにとっては非常に都合の良い街となっていることは間違いないみたいだ・・・

彼女たちが援助交際をする理由

リナたちはどうして援助交際をしてしまうのだろうか?

豊かになった日本で援助交際(売春)する必要などあるのだろうか?

彼女たちが援助交際する理由について語る際に欠かせないのがいまの不景気だろう。

話を聞いてみるとお小遣いをほとんどもらうことが出来ない貧困家庭が増えているようだ。

高校生にもなってお小遣いなしは非常に辛いだろう。カラオケに行ったりオシャレをしたりといろいろ遊びたい年頃なのに・・・

更にはスマートフォンの普及にも非常に大きようだ。

携帯電話であればある程度はやすい維持費で所持することができるが、スマートフォンの場合は大人でもビックリするくらいのお金が掛かってしまう。これらのお金も全て自分持ち、親が出してくれないと言う女子高生が多いみたいである。

こうなってしまったら援助交際でお金を稼ぐしかない‥・と言うことになってしまうらしい。

なんと言うことだろうか。

リナが援助交際してしまうのは親の経済的な問題が理由となっているのである。

誰が彼女を責めることができるだろうか?

彼女たちは全然悪くない。

ただ普通に青春を謳歌したいだけなのである。

それを大人の経済的な事情で邪魔されているのである。

これを読んでいる大人はよく考えてもらいたい。

いくら不景気だからと行ってそのツケを子供回して良いわけなど絶対にないのだ。

女子高生の5人に一人が援助交際している

その女子高生の名前を仮にリナとしておこう。

彼女は大宮にある高校に通う2年生である。ピチピチの女子高生である。

ファミレスに入って話を聞くことになったのが、どう見ても援助交際にしか見えないのでかなり緊張してしまった・・・

リナの口から驚くような言葉を聞くことができたのでここで紹介してみたいと思う。

リナのクラスでは5人に一人くらいの割合で援助交際していうると言うことなのだ。

確率にして20%である。これはものすごい数字だと言えるのではないだろうか?

きっと頭の悪い底辺高校なのだろうと思っていたのだが、どうやら県内有数の進学校らしい。普通に勉強ができる女子高生が援助交際をしてしまうと事実に普通に驚いてしまった。

しかしリナに言わせればこれはごく普通のことなのだそうだ。

援助交際する女子高生なんてものは既に絶滅したものだと思っていた私の認識が間違っていたようだ。

仮に街中にいる女子高生の20%が援助交際しているとしたらどうだろうか?

女子高生とすれ違うたびにそう言う目でみてしまう自分が非常に恥ずかしくななってしまう。

しかし、男であれば仕方のないことだろう。

それにしてもどうして援助交際してしまうのだろうか?相手はきっと自分の親と対して年齢の変わらないオヤジのはずだ。そんな男とお金で簡単に寝てしまうというのはどういう神経をしているのだろうか?

私はもっと詳しく話を聞いてみたくなった。

大宮駅での出来事

数日前に用事があって大宮駅を利用することがあった。埼玉と言うともっと田舎なイメージがあったが実際には駅が大きくて非常に驚いてしまった。結構な都会であることは間違いない。

駅から高島屋の方に向かって歩いている途中に制服姿の女子高生に声をかけられてしまった。私は現在39歳である。間違っても女子高生から逆ナンパを受けるような人間ではない。この瞬間に私はすぐにわかった。

案の定、女子高生は「私と援助交際しませんか?」と声をかけて来た。しかもすごく可愛い。派手ではなく非常に清楚な感じがする女子高生だ。ほかの人が見たらまさか援助交際をしているなんて思うことはないだろう。

正直、驚いてしまった。

東京に住んでいる時はこんなことは絶対になかったのだ。

私は援助交際には全く興味はない。ロリコンではないし、何よりもお金で女を買うことに興味は全くない。それならばパチンコですってしまった方がまだいいと思ってしまうタイプなのである。

当然ながら誘いは断ったがどうして援助交際をしてしまうのか興味があったので彼女から詳しく話を聞くことにした。食事を奢る約束で埼玉県内での援助交際事情を聞けることになったのだ。

埼玉では援助交際は行われているのか?

私は現在、埼玉県に住んでいる。少し前までは東京都に住んでいたのだが、最近になって引っ越してきたのだ。まあ、仕事の関係上としてもらえれば間違いない。

それにしても埼玉は援助交際が非常に多いように思われる。東京に住んでいた時に比べると圧倒的に多い。特に駅前を歩いているとそれらしきカップルを見つける事が多いし、実際に声をかけられてしまう事も多い。

埼玉は都会である事は間違いない。特に川口市や浦和あたりまでは東京とほとんど変わらない印象を受けてしまうのは私だけではないだろう。

そんな埼玉では援助交際はどのように行われているのかを徹底的に検証してみたいと思う。きっと皆さんが想像していないような驚くことが多いと思うので、しっかりと最後まで見届けて頂ければと思う。

このブログで掲載していくことは全て本当のことなのでそれを踏まえて読みすすめて頂ければと思う。

公務員の盗撮問題

公務員の人間が盗撮行為をして捕まってしまうことがニュースになることがあります。真面目な人間なのになぜこのような馬鹿なことをしてしまうんでしょうか。盗撮行為で捕まって人生を台無しにしまうのはとても愚かな行為です。今販売されている小型ビデオカメラというものはとても高性能です。このようなものを手にしてしまうとついつい盗撮してしまいたくなる衝動に駆られるのでしょうか。それにしても馬鹿だと思いますよね。自分以外の人間がそのような行為を目撃していたとしたらどうなるかと言うことが想像できないのでしょうか。盗撮というのは普通に許されない行為なのでもしそんなことをしている人間を見つけたら捕まえられるのは当然のことでしょう。トイレなどにビデオカメラをしかけて盗撮する行為も犯罪行為です。どうせバレないだろう。気持ちでずっと続けているといつかは痛い目にやってしまうことでしょう。その覚悟ができているのなら続けてもいいかもしれません。しかし盗撮で逮捕されてしまうなんていうことはとても恥ずべき行為です。大事な人間関係を失う可能性もあります。そのようなリスクを犯してまでしてみたいものなんでしょうか。私には全く理解ができません。

精力剤ですぐにでも手に入れるべきですよ!

世の中の男性の中には精力剤に頼ってしまう人が多くいると思う。これは仕方のない事だ。日々忙しい暮らしの中でそれでも女性を相手にする為の体力を作って行くのは非常に難しい事だと思う。しかし、それを断ってしまっては男では無くなってしまう!その様な使命感を感じてしまっている人は沢山いることだろう。

そう言う人の為にも精力剤は非常に大切なツールになるのではないかと思うのだ。いざと言う時に体力がないと困ってしまうのは言うまでも無い事で、そこで女性に恥をかかせてしまってはいけない!と思うのが普通の男性の考え方なのではないかと思ってしまう。実際に精力がある男性の方がモテると思うし、これからもこの関係は続いて行くのではないかと思われる。もしも少しでも精力が足りないと思う時は精力剤比較サイトで自分にピッタリの精力剤を探してみるのが良いのではないであろうか?こうすることでかなりの確率で自分が求める下半身を手に入れることが出来るのではないかと思うからだ。

実際に出来る男は使っていると思うし、それならば今スグに精力剤を手にしてみるべきなのではないであろうか?と私は考える。